利用規約

第1章 総 則

第1条(規約の趣旨)

本規約は、株式会社ビズナイズ(以下「当社」といいます。)がビズナイズアカデミー(英文:biznize academy)の名称でインターネットWebサイト上に開設するオンラインセミナー(以下、「本サイト」といいます。)において、オンラインでセミナーを配信するサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用について定めるものです。
本サービスを利用する者(以下「利用者」といいます。)は、本規約を誠実に遵守するものとします。

第2条(規約適用範囲)

本規約は利用者と当社との間の本サービスに関する一切の関係に適用します。
当社が本サービスの円滑な運用を図るため必要に応じて利用者に通知する本サービスの利用に関する諸規程は、本規約の一部を構成するものとします。

第3条(規約の変更)

当社は本規約を必要に応じて変更することがあります。
本規約の変更は、当社がビズナイズアカデミーのWebサイト上で利用者に告知した時点より3営業日後にその効力を生じるものとします。

第2章 利用者

第4条(利用申込)

本サービスの利用を希望する者は、本規約の内容を承諾したうえで、当社の定める一定の情報(以下「アカウント情報」といいます)を当社の定める方法で登録して頂き、登録したアカウント情報を使用することにより利用者として本サービスを利用できることになります。 利用申込時に、本利用規約に従った本サービスの利用契約が当社と利用者との間に成立し、利用者はその利用契約に基づき本サービスを当社の定める方法で利用することができることになります。

第5条(利用申込の不承認)

利用申込者が次のいずれかに該当する場合、当社の判断により利用申込を承認しないことがあります。
(1)本サービス利用希望者が実在しない場合又はそのおそれがある場合
(2)当社所定の利用申込に虚偽の事項を記載、もしくは記入漏れがある場合並びにそのおそれがある場合
(3)成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
(4)9条(利用者の禁止行為)に違反するおそれがある場合
(5)過去に第10条(本サービスの利用停止、もしくは解除)の処分を受けた事がある場合
(6)申込時に第10条(本サービスの利用停止、もしくは解除)の処分を受けている場合
(7)第12条(当社の知的所有権)に違反するおそれがある場合
(8)その他、当社が不適当と判断する相当の理由がある場合

サービス利用者が前項のいずれかに該当することが判明した場合、当社はそのサービス利用を取り消すことがあります。
但し、承認が取り消された場合でも、利用者は、本サービスの利用により発生した支払義務等の本規約上の履行責任を免れないものとします。

第6条(登録情報の変更)

利用者は登録した情報に変更が生じた場合には、速やかに当社の定める方法に従って登録変更手続きを行うものとします。
利用者が変更を行わなかったことに起因して被る不利益に関しては、当社は一切の責任を負わないものとします。

第7条(利用者情報の取扱い)

利用者が本サービス申込の際、又はその後に当社に届け出た事項及び本サービスの利用状況は、当社のデータベースに登録されます。
登録された情報は当社の所有に属するものとします。
当社は、前項の登録された情報を当社の事業運営のためにのみ利用するものとし、下記の場合を除き、個人識別が可能な形式で第三者に提供しないものとします。
(1)利用者の同意が得られた場合
(2)法令により開示が求められた場合
(3)利用者に対し本規約に基づく義務の履行を請求する場合
(4)本サービスの技術的又は経済的機能向上のため必要な場合
(5)その他、本サービスの運用上、相当の必要性があると当社が判断する場合

第8条(IDとパスワードの管理責任)

本サイトの一部のサービスにおいて、利用者は、利用申込の際に利用者が設定するID(個人識別番号)及びパスワード(暗証番号)を使用するものとします。
利用者は、当社所定の手続により、パスワードを変更することができます。
利用者は、ID及びパスワードを自己の責任において管理するものとし、その使用上の誤り又は第三者による不正使用等より損害が生じても、当社は一切責任を負いません。
利用者は、ID及びパスワードを第三者に使用させたり、譲渡し、貸与し又は担保提供する等の行為をできないものとします。
利用者は、ID及びパスワードの盗難又は第三者による使用の事実を知った場合、直ちにその旨を当社に連絡するものとします。その場合において、当社から指示あるときはそれに従うものとします。
利用者がパスワードを失念した場合、「本サービス」をご利用できなくなることがあります。

第9条(利用者の禁止行為)

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしないものとします。
(1)他人の財産権、プライバシー、その他の一切の権利を侵害する行為
(2)他人のID又はパスワードを不正に使用する行為並びに自己のID又はパスワードを他人に使用させる行為
(3)本規約上の権利又は義務を第三者に譲渡し、貸与し又は担保提供する等の行為
(4)本サービスの運営に支障をきたすおそれのある行為
(5)公序良俗に違反する行為
(6)反社会的勢力に類する反社会的行為
(7)その他、当社が不適切と判断する行為

第10条(本サービスの利用停止、もしくは解除)

利用者が次のいずれかに該当する場合、当社は、事前に通知することなく本サービスの全部又は一部の利用を一時停止し、また、催告後も相当な期間内に改善されないときは本サービス利用契約の全部又は一部を解除できるものとします。
(1)第5条(利用申込の不承認)の(1)より(8)のいずれかに該当する場合
(2)第9条(利用者の禁止行為)に違反した場合又は違反するおそれがある場合
(3)第12条(当社の知的財産権)に違反した場合又は違反するおそれがある場合
(4)第13条(商標)に違反した場合又は違反するおそれがある場合
(5)同一利用者により複数アカウントが確認された場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断する場合
(6)本サービスの運営を妨害し又は当社の名誉信用を毀損した場合
(7)成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
(8)その他、当社が不適当と判断する相当の理由がある場合
前項により本サービスの利用が一時停止又は解除された場合でも、当社は利用者に対して一切の責任を負わないものとし、また利用者は本サービスの利用により発生した支払義務等の本規約上の履行責任を免れないものとします。

第3章 本サービスの利用

第11条(本サービスの支払い)

利用者は、本サービスを利用して購入した本サービスの代金を当社指定のクレジットカード決済の方法で当社に対し支払うものとします。
利用者は、支払の履行に際し、利用者とクレジットカード会社等との間で紛争等が生じた場合、自己の責任で当該相手方との間で解決するものとし、当社は一切関知しないものとします。
また、当社は利用者が虚偽のクレジットカード情報の入力、その他当社が不適切と認める行為を行ったことにより生じた損害について、当該利用者に対して賠償を求めることができるものといたします。

第4章 その他

第12条(当社の知的財産権)

本サービスで提供される情報に関する著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)及び著作者人格権(著作権法第18条から第20条までの権利 をいいます)並びにそれに含まれるノウハウその他一切の知的所有に関する権は、当社又は当社の指定する者に帰属するものとします。
利用者は、当社の書面による事前許可を得ることなく、営利目的の有無を問わず、本サービスで提供される情報及び全てのコンテンツについて、その複製・改変・編集・頒布等の行為を一切しないものとします。

第13条(商標)

本サイトに表示される商標、ロゴ、およびサービスマーク等(総称して「商標」といいます)は、当社または第三者の登録商標または未登録商標です。
当社は本規約により、利用者その他の第三者に対しなんら当該商標を譲渡し、または使用許諾するものではなく、利用者は本サイト上の未登録商標に対し商標登録をしてはならないものとします。

第14条(保証の否認)

当社は、本サービスの内容、本サービスにより提供される各種コンテンツ、情報に関し、その完全性、正確性、確実性、有用性、目的適合性、満足性、第三者の著作権を侵害するものでないこと、コンピュータウィルスを含まないこと、利用者の機器(コンピュータを含む)、ソフトウェアおよび接続回線等の設備等に損害を与えないことなどにつき、いかなる保証も行いません。

第15条(利用者への通知)

当社より利用者に対する通知は、当社のWeb サイト上にて通知することができるものとします。

第16条(本サービスの停止または終了)

当社は、次のいずれかの事由が生じた場合、利用者に対し事前に又は緊急の場合は事後に通知し、本サービスの全部又は一部の提供を一時停止し又は終了できるものとします。
(1)本サービスを提供するシステムの保守点検等の作業を定期的に又は緊急に行う場合
(2)本サービスを提供するシステムに故障等が生じた場合
(3)停電、火災、地震、労働争議その他不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
(4)その他、本サービスの運用上又は技術上の相当な理由があると当社が判断する場合
本サービスが一時停止し又は終了する場合、当社は、利用者に対しいかなる責任も負担しないものとします。

第17条(利用者の規約違反等への処置)

利用者が本規約に違反し又は不正行為により当社に対し損害を与えた場合、当社は利用者に対し相応の損害賠償請求ができるものとします。
利用者が本サービスの利用により第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の責任でこれを解決し、当社に対しいかなる責任も負担させないものとします。
本規約に特別の規定がある場合を除き、当社は、本サービスの利用により生じる結果について、利用者その他いかなる者に対しても、本サービスを提供する システムの不具合・故障、第三者による同本システムへの侵入、商取引上の紛争、その他の原因を問わず、いかなる責任も負担しないものとします。また、本規約に基づいて当社が利用者に対し賠償責任を負う場合、当社の賠償額は、いかなる場合でも、当該賠償原因を構成する商品又は役務を当該利用者が購入した代金額を上限とするものとし、当社はそれ以外にはいかなる賠償責任も負担しないものとします。

第18条(信義誠実の原則)

本規約の条項又は本規約に定めのない事項について紛議等が生じた場合、当社・利用者の双方は誠意をもって協議し、できる限り円満に解決するものとします。

第19条(準拠法および管轄裁判所)

本規約に関する準拠法は、日本国法とします。
本規約に関する紛争は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

本規約は2015年12月22日より施行します。


株式会社ビズナイズ