やさしい起業論INDEX

  • 起業準備「環境整備」編

    これから独立を考えているあなた。独立をするということは大きく環境が変化するものです。

  • 起業準備「事業構想」編

    事業関係者(ステークホルダー:ex.株主、取引先、消費者、従業員)の共感形成の可否は、協力関係、取引関係構築を左右します。

  • 起業準備「事業性の検証」編

    起業準備に際して、まずは起業しようとする事業の強みを客観的に分析してみましょう。コンサルタントであれば、専門的な知識が豊富で経験値が高いことも、勝てる要素になります。商品を扱うのであれば、

  • I-4 起業準備「事業の選択」編
    何を事業にするのか ①

    何を自分の事業とするのかを漠然と考える前に、まずは自分の「棚卸し」をしてみましょう。過去にどのような業務の経験があったか?趣味は何か?持っている/取得したい資格は?得意なことは?好きなことは?やりたいことは? これらを整理した上で、何を事業としてやりたいのかを明らかにしましょう!アプローチは下記の5つです。

  • I-4 起業準備「事業の選択」編
    何を事業にするのか ②

    出来る仕事より、好きな仕事の方が伸びるといいます。好きな仕事であれば、飽きずに時間を忘れて仕事に 取り組むことが出来るからです。

  • I-4 起業準備「事業の選択」編
    開業準備期・開業後の留意点

    出来る仕事より、好きな仕事の方が伸びるといいます。好きな仕事であれば、飽きずに時間を忘れて仕事に 取り組むことが出来るからです。

  • I-4 起業準備「事業の選択」編
    独立で押さえるべきポイント ①

    この章では「事業計画」を策定するために必要な各構成要素を解説します。事業計画を構成する各要素を具体的に記述していくことで、自分がイメージする事業の実現性を検証できます。また、資金調達や業務提携など、対外的に事業内容の説明を要する場面で、必要になる提出用ドキュメント作成の元資料にもなります。

  • I-4 起業準備「事業の選択」編
    独立で押さえるべきポイント ②

    起業を志すとすれば、目的があるはずです。自己実現、豊かさの追求、社会貢献など、様々な目的があ 事業参入予定のマーケットは成長マーケットですか?成熟マーケットですか?それとも衰退マーケットですか?経産省の白書データなどを参考に全体像を把握しましょう。

  • I-4 起業準備「事業の選択」編
    独立で押さえるべきポイント ③

    今後、事業展開をしていく中で、商品やサービスの名称を確定させることはとても重要です。下記で知 りする商品の特徴・特性・価値などを一言で言い表す「シンボル(記号)」として機能していきます。

  • I-4 起業準備「事業の選択」編
    独立で押さえるべきポイント ④

    商品/サービスについて、事業運営のために必要となるものを特定し、その制作費/調達費用も明らかにしましょう。事業計画を策定する上で、重要なコスト算定要素の一つになります。

  • I-4 起業準備「事業の選択」編
    独立で押さえるべきポイント ⑤

    販売チャネルとは、提供する商品/サービスをターゲットに届ける【経路】です。 競合他社と同じ販売チャネルを使うのであれば、そこで自社商品・サービスの競合との明解な棲み分けが

  • I-4 起業準備「事業の選択」編
    独立で押さえるべきポイント ⑥

    事業運営で雇用が必要な場合、業務内容を洗い出し、どの業務に何人必要なのか具体的に特定しましょう。人は多ければ多いほど業務遂行は楽になりますが、事業の収益性は落ちます。