公的融資資金活用の道
【日本政策金融公庫の活用について】INDEX

  • 公的融資制度を自分で調べよう

    起業しようと考えている方の多くは、ある日突然思い立って行動に移す

  • どの融資制度が自分の事業に合っているのか
    イメージを持とう

    日本公庫の融資制度は多岐にわたっており、その全容を完全に理解する

  • 先ず相談に行ってみよう(敷居は高くない)

    いよいよ、直接公庫とのコンタクトを始める段階です。

  • 公庫に正式申し込みをする

    いよいよ、公庫への融資申請手続きの段階です。 第3章でも述べましたが、あなた以上にあなたの事業を知っている人間はいないのです。創業に関する経験や知識を多く持っている公庫の融資担当者でも、あなたの事業に関しては「素人+α」レベルだと思って下さい。時には的外れな質問や指摘があるかもしれませんが、いちいち気にしない事

  • 申請内容を説明する

    正式に融資申請を行うと、それを受け付けた日本公庫の担当者はある一定の期間内にその申請に対する可否、および融資する場合の条件を決定して融資申請者に伝える義務が生じます。

  • 借入契約の締結~融資実行について

    正式に融資申請が受理されてから一定の審査期間中に日本公庫の担当者から事業内容や事業計画に関する質問が出されることがあると云うことは前章で説明した通りですが、担当者への回答が一通り終わってから1週間程度で(通常は)電話で融資の可否、融資実行可能な場合の金額、融資期間(その内に含まれる元本返済据置期間)などが通知されてきます。